ご利用の流れ・報酬表

ご利用の流れ

事務所内、またはお客様ご希望の場所での出張相談を行っております。
事務所でのご相談は初回無料ですので、何を相談してよいかわからないという方もぜひお越しください。
また、行政書士の業務範囲外のことでも、ご相談いただければ他士業の事務所をご紹介します。

公正証書遺言書のご依頼の流れ
公正証書遺言書のご依頼の流れ

①お問合せ・面談のご予約
・電話番号:0797-75-0727 携帯電話:090-7314-1290
・メール:お問合せフォーム


【お問合せ】




②面談
ご面談して、お客様のご意向、相続人や財産内容をお伺いします。出張面談も対応しています。

③戸籍調査・財産調査
必要に応じて、戸籍調査・財産調査を当事務所にて致します。

④公正証書遺言の原案作成
お打合せの内容に従って案を作成します。

⑤公正証書遺言案の内容確認
作成した案をお客様にご確認いただき、必要に応じて追加や修正
などのすり合わせをします。
原案が完成しましたら、遺言日を決めていただきます。

⑦公証人との打ち合わせと日程調整、証人手配
当方にて公証人と打合せして、公正証書遺言書の原案提示と日程調整します。
また証人は2名必要ですが、1名は当職が務めますので残りの1名の証人を手配します。

⑧公証役場で遺言書作成
予定の日時に、公証人の面前で証人立会いのもと、署名、押印して公正証書遺言を作成します。
原本は公証人役場に保管され正本がお客様に交付されます。
※公証人に出張してもらいご自宅などで実施することも可能です。(公証役場手数料1.5倍、公証人の出張費が必要です)

費用およびお支払いタイミング
1)報酬 80,000円・・・公正証書遺言書完成後お支払い下さい
・相続人調査(戸籍収集)は報酬に含みます。
※相続人が4人以内、市町村2か所まで
・財産調査(金融機関、証券会社残高証明書・登記事項証明書)
は報酬に含みます。
※各2案件まで
・証人(日当)手配費用は報酬に含みます。

下記の場合は別途お見積もりを提示致します。
・相続人の戸籍調査対象の市町村が2か所を超える場合、相続人  が4人を超える場合
・財産調査に手間を要する場合。

2)公証役場手数料
財産の価格によって変わります・・・公証役場に現金でお支払い
※公証役場への手数料は公正証書に記載する価格が決まり次第
当事務所にて計算してお知らせします。
自筆証書遺言作成サポートの流れ
自筆証書遺言作成サポートの流れ

①お問合せ・面談のご予約
・電話番号:0797-75-0727 携帯電話:090-7314-1290
・メール:お問合せフォーム


【お問合せ】




②面談
ご面談して、お客様のご意向、相続人や財産内容をお伺いします。
また、ご自身で作成した下書きがある場合は拝見いたします。
出張面談も対応しています。

③調査等
ご要望がある場合は、戸籍調査、財産調査などを行います。

④遺言の文案作成
お客様からお聞きした内容や調査した内容から、遺言の文案の作成を行います。

⑤文案の確認
作成した文案をお客様に確認して頂きます。

⑥自筆証書遺言の作成
作成した文案に納得頂けた場合、自筆証書遺言を作成します。
自筆証書遺言はお客様本人がお書きになる必要がありますので
自筆で作成していただきます。

⑦アフターフォロー
遺言書の保管方法や、撤回の方法などをお教えします。
また、令和2年7月に自筆証書遺言の保管制度が開始されました。
法務局で遺言書を保管してもらう制度です。
法務局への申請方法などのご案内も致します。

費用およびお支払いタイミング
1)自筆証書遺言書作成のみ
報酬 30,000円・・・自筆証書遺言書完成後お支払い下さい
2)相続人調査(戸籍収集)
報酬 30,000円・・・調査完了後お支払い下さい
※相続人が5人以内、市町村2か所まで
3)財産調査(預貯金、有価証券、土地・建物)
金融機関残高証明取得 6,000円(1支店)・・・調査完了後お支払い下さい
証券会社残高証明取得 6,000円(1支店)・・・調査完了後お支払い下さい
登記事項証明書 1,100円(1通)・・・調査完了後お支払い下さい
契約書作成サービスご利用の流れ
契約書作成サービスご利用の流れ

①お問合せ
・電話番号:0797-75-0727 携帯電話:090-7314-1290
・メール:お問合せフォーム


【お問合せ】




②ご相談
お客様の事務所やご自宅に訪問して打ち合わせを致します。
当事務所にご来所頂いても結構です。
遠隔地の場合メールと電話での打ち合わせとなりますが、
ご要望に応じて出張も可能です。
※出張費用を申受ける場合があります

③お見積もり
ご相談内容に基づいて見積りを提示致します。

③契約書の作成
契約書作成のため、電話やメールにて問合せさせて頂く場合がありますのでご協力お願いします。

④契約書の納入
基本的にMS-Wordデータでの納入と致します。
ご要望に応じてPDFデータやプリントアウトした文書の郵送も承っております。

費用およびお支払いタイミング
お見積りご確認、ご発注時に、半金をお振込みください。
契約書納入後、残金をお振込みください。
1)契約書作成 定型・・・8,000円
※秘密保持、反社会的勢力排除など
2)契約書作成 個別案件・・・25,000円~
3)契約書作成 専門性高く複雑なもの・・・50,000円~
4)契約書改定・・・1,500円改定案1件につき
※改定案提供で契約書作成は含んでいません

協議が整っている場合には、「合意書」「示談書」等の作成も行います。
リーガルチェックサービスご利用の流れ
リーガルチェックサービスご利用の流れ

①お問合せ
・電話番号:0797-75-0727 携帯電話:090-7314-1290
・メール:お問合せフォーム


【お問合せ】




②打合せ
お客様の事務所やご自宅に訪問して打ち合わせを致します。
当事務所にご来所頂いても結構です。

お急ぎであれば、チェック対象となるお客様が作成された契約書、相手側から提示された契約書を送付(メール)願います。
その際、契約にいたる背景や懸念することがあれば記載ください。
遠隔地の場合メールと電話での打ち合わせとなりますが、
ご要望に応じて出張も可能です。
※出張費用を申受ける場合があります

③お見積もり
ご相談内容に基づいて見積りを提示致します。

④リーガルチェック開始
対象となる契約書の適法性、リスクなどの問題点をチェックして
作業致します。
契約内容について、電話やメールにて問合せさせて頂く場合がありますのでご協力お願いします。

⑤リーガルチェックの納品
基本的にMS-Wordデータでの納入と致します。
ご要望に応じてPDFデータやプリントアウトした文書の郵送も承っております。


費用およびお支払いタイミング
お見積りご確認、ご発注時にお振込みください
報酬 6,000(2ページ)※3ページ以降1,500円/ページ追加
報酬表
詳細は下の報酬表を大きく表示してご確認ください。
記載内容は一部です。まずはお気軽にご相談ください。


クリックして大きく表示

業務内容(一部)

© 2020 都田行政書士事務所